2017年11月17日金曜日

南陀楼綾繁『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)にインタビュー掲載

編む人

全国各地で本(雑誌)づくりに携わる9人のインタビューを集めた南陀楼綾繁(ナンダロウアヤシゲ)『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)にインタビューを掲載していただきました。

掲載順に...、
『ハードスタッフ』の小西昌幸さん、『コミック・マヴォ』の竹熊健太郎さん、『入谷コピー文庫』の堀内恭さん、『プレイガイドジャーナル』の村元武さん、『カタリココ』の大竹昭子さん、『新宿プレイマップ』の本間健彦さん、『雲のうえ』の牧野伊三夫さん、『Life-mag.』小林、『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』の山崎範子さんです。

業界の大先輩に挟まれての登場で嬉しくもあり、恐縮でもあります。わたしはルーキー枠で入れてもらいました(たぶん)。

9人に共通するのはマーケティングから逆算(発想)された本(雑誌)ではないということかなと思いました(これは2017年3月に仙台の火星の庭でイベント開催してくれた『インフォーカス』相沢さんがブログに書いていたことですが)。自身の内側からこんこんと湧き上がる好奇心をどうにも押さえ切れない。ええいっ!、、、「やりたいことを やるんだよ!」(帯文)という9人なのかなとも思いました。

そして、各地を歩き、作り手とつながり、同じく内側からこんこんと湧き上がる好奇心を持ってインタビューを重ねてきた南陀楼さんだからこその密度の濃い一冊になっています。

過去に『Life-mag.』も何度か東京の雑誌社の取材を受けたことがあります。それは、メールで主旨説明があり、ワードに書かれた質問状が添付されていて、それに回答して返信してほしいというものでした。

どこかで『Life-mag.』のことを聞いて、知って、取材を依頼してくださったことは大変嬉しく、まだまだ無名の雑誌であり、取材させてもらった人、広告を出してくれた人のことをより多くの読者に届けたいと思い、ほぼ断ることなく対応しています。

ただその質問を読むと、コピペして宛名を変えれば、どの雑誌の人にも聞けるような場合もありました。ある時は、隣県の某雑誌名が書かれた質問状が添付されていました。それでも宛名を無視して、答えようと思えば、そのまま答えられる内容でしたが...。媒体の性格があるので、一概にどちらが良い悪いは言えませんが「うぉ...」と思いました。

話が逸れてきたので、もとに戻します。

『編む人』に掲載されたインタビューは、2016年6月13日に古町のヒッコリースリートラベラーズで行われた「ナンダロウアヤシゲ ミーツ ライフマグ 〜地域雑誌を考える〜」をもとに加筆修正したものです。約20ページ。

しゃべりにまったく自信のないわたしは、その日も大丈夫だったかなぁ...と思ってましたが、終了後に南陀楼さんが「今日のよかったよ。なにかにまとめらるかもだから、録音データあとで送って」と言っていたのを思い出します。こうしてかたちになって嬉しいです。

Life-mag.vol.009【寺泊・弥彦・岩室・巻 編】の制作エピソードを中心に、営業、納品回りのことや創刊前後のことをなどを話しています。印刷代、広告費、取扱店舗数、発行部数からその時どのくらい出荷したかまで答えています。

創刊号の頃、町のキーマンのような人とまったくつながりがなかったことを話しています。この町ではどんな人がどんなつながりがあって活動しているのか、まったくわかりませんでした。誰を頼って、面白い人に辿り着けるのかもわかりませんでした。

では、どうするか。

わたしにできたのは歩くことでした。

創刊号で、お寺の住職にインタビューしたいと思い、頼ったのはグーグルマップです。当時住んでいたのは鳥屋野。グーグルマップで「お寺」と検索して、ピンの刺さったところから順番にインターホンを押して歩いていったエピソードも出ています。

これに関連して最近、思い出したことがひとつ。

『編む人』のインタビュー原稿を校正している前後で「成宮アイコ『あなたとわたしのドキュメンタリー』刊行記念トークin北書店」に参加しました。その時、北書店の佐藤さんがパンクスだった頃の話に触発されて思い出したことがあります。

創刊号の頃、新潟の音楽家をだれか取材したい。でも、どこでどんな人たちが活動しているかもわからない。誰に聞けば、そういう人とつながれるのかもわかりませんでした。

そこでわたしは古町地区にあるゲイングラウンドや新潟駅前にあったリスキードラッグストアに行って、「あのぉ、すみません。これからライフマグっていう雑誌を作るんですけど、そこで新潟のミュージシャンを取材したいんです。最近、お薦めのバンドとかいませんか」と聞いていました。

当時、25歳。取材のやり方もまったくわからない若造の唐突な問いかけでしたが、両店ともにバンド名をいくつかあげてくれたり、店頭にあったサンプルCDを持たせてくれたりしました。(佐藤さんに聞いたらリスキーの前身はUKエジソンというCDショップだったそうです。)

懐かしくもあり、ほんといろんな人にお世話になりながら、どうにかやってきたんだなと思いました。

それから最近、新潟日報で南陀楼さんの文章がいくつか出ていたので紹介します。

新潟日報おとなプラス

2017年11月10日付け新潟日報「おとなプラス」では本の街、神田神保町の形成にかかわった長岡出身者の足跡を追った記事が出ています。「博文館」の大橋佐平、「酒井書店(一誠堂)」の酒井宇吉、「弘文荘」の反町茂雄らが登場。

新潟日報おとなプラス

さらに2017年10月30日付け新潟日報朝刊には読書週間に合わせて、本を読む喜びについてのエッセイが掲載されています。共同通信の配信記事だそうです。夏葉社から復刊された『埴原一亟 古本小説集』に自身を重ねての文章。

本や雑誌、それを作ること、届けることに心底惚れ込んでいる南陀楼さんだからこその1冊であり、記事です。

『編む人』、ぜひ書店で手に取っていただけたら幸いです。

2017年11月15日水曜日

「ローカルマガジン展 地域と文化をつなぐメディアⅡ」に出展

ローカルマガジン展チラシ

2017年10月19日〜12月26日まで、新宿にあるリビングデザインセンターOZONEで開催されている「ローカルマガジン展 地域と文化をつなぐメディアⅡ」にLife-mag.も出展しています。語尾だけ言い換えると「るらしいです。」。昨日、知りました...。

「個性ゆたかなローカルメディアを通して地域の多様性を知り、生活文化が育まれる「場」を見直してみます。」とのこと。各地の地域誌と並べていただき光栄です。どんな空間になっているのでしょうか。わたしも近かったら行ってみたかったな。お近くの方はぜひのぞいてみてください。

12月17日15:00〜は、秋田のフリーマガジン『のんびり』の編集長などで知られる藤本智士さんを招いて「ローカルメディアの魅力とまちづくりとの関係性を考え」るトークイベントも行われるようです。

トークチラシ

ちなみに藤本さんは、11月26日に新潟市の北書店で、燕市のツバメコーヒー店主・田中さんともトークをするようです! そういえば、ツバメコーヒーさんで『のんびり』を1部もらってきたことがありました。


こちらも気になります!

2017年11月12日日曜日

「燕三条 工場の祭典」の耕場へ

先月10月5日〜8日まで燕三条地域を中心に「燕三条 工場の祭典」が開催されていました。各種メディアで報じられ、SNSでの発信を目にした方も多いのではないでしょうか。期間中の来場者は約53,000人だったそうです。その後、工場の祭典の取り組みが、ドイツのレッドドットデザイン賞を受賞するなど、いまだにその余波が続いています。



イベント後も公式フェイスブックでは情報の発信が続いていて、同地域のイベント情報、企業情報を見ることができます。

燕三条 工場の祭典facebook
https://www.facebook.com/koubafes

わたしは最終日の8日に1ヶ所だけ行くことができました。その日は1日子守りの日。朝イチ、近所のお寺の住職が代わるということで、稚児行列に子ども2人を連れて参列。その後、工場の祭典の参加「耕場(こうば)」のひとつである「本町そ菜出荷組合」さんのハウスへ行きました。次号Life-mag.vol.010【西蒲原の農家 編】では同組合から近藤圭介さんに登場いただく予定です。

以下に写真を3枚。

収穫体験

ハウス

受付

自宅でも祖母が畑をやっていますが、大型ハウスはまた迷路のようで子どもも楽しかったようです。収穫後はハウスのすぐ隣にある日ノ宮神社で1時間ほど遊ばせてから帰りました。夜、自分で収穫したキュウリを「はやく食べた〜い」とバリバリ食べていました。空きっ腹にキュウリだけ食い過ぎて、その後、「お腹いた〜い」と言ってましたが(笑)。良い経験になったようです。

次号Life-mag.では、きゅうりの生産の流れ、本町そ菜出荷組合としての品質向上の取り組みなどを伺いました。近藤さんが語ってくれた最後の一言も良かったです。

乞うご期待。

北方文化博物館での『ENZAの屋根裏縁日』のお知らせ

チラシ

新潟で出版、編集、ワークショップなどの活動を行うブリコールのお二人がこれまでの活動で知り合ってきた職人の「手から生み出された品々」を集めた『ENZAの屋根裏縁日』が新潟市江南区の北方文化博物館で行われます。藁・竹細工、焼物、木工、農産物などが展示販売されるなかに、Life-mag.も加えていただきました。

日 時:2017年11月23日(木・)~26日()10:00~19:00
会 場:北方文化博物館 屋根裏ギャラリー(新潟市江南区沢海2-15-25)
入 場:無料
詳 細:http://bricole.jp/ennichi/

北方文化博物館は通常17:00までの営業ですが、展示会中はちょうど紅葉のライトアップが行われ19:00まで営業しているそうです。こちらは入館料800円ですが、17:30〜は学芸員による「回遊式庭園巡り」の解説もあります。

北方文化博物館webより

この絶景です。何度か行ったことがありますが、再度館内にも入ってみたいです。わたしは行けるとしたら23日かな。日中は取材があるので、夕方のライトアップを狙おうかなと計画中です。

桾沢さんご夫婦は同世代で同じく新潟で出版活動も行っていることから、いつもいい刺激をもらっています。過去にこのブログで紹介した3冊の本もお二人の仕事です。

ブリコール『うつろうもの のこるもの』
http://life-mag-interview.blogspot.jp/2016/12/bricole.html

斉藤文夫『昭和の記憶 新潟 海の村 山の村』(ブリコール編集)
http://life-mag-interview.blogspot.jp/2017/06/blog-post_13.html

中村正紀『明日への伝言』(ブリコール編集)
http://life-mag-interview.blogspot.jp/2017/08/blog-post_30.html

また、Life-mag.次号では、ブリコールが岩室温泉小鍛冶屋2階で企画する「ギャラリー室礼」や「土着ワークショップ」「ENZA」の活動を振り返って寄稿してもらいました。小鍛冶屋は「やさいのへや」の会場です。(この展示会に次号が間に合えばよかったんだけど...、桾沢さんごめんなさい!)

竹かご

蛇足。

今回の展示会では竹細工の出品もいくつかあるようですが、わたしも竹細工を日常的に使っています。上の写真のものは佐渡の相川で買った竹かごで、自宅に戻ると財布、携帯、時計をこの竹かごに入れて棚に置いています。すぼらなので、こうして決めておくと「アウッ!ない!」と探さなくていいです。

今回もついなかにか買ってしまいそうだな...。

近くの方も遠方からも、ぜひお出かけください。

2017年11月10日金曜日

Life-mag.vol.010【西蒲原の農家 編】広告募集と制作支援カンパのお願い3「やさいのへやの様子」

近刊予定のLife-mag.vol.010【西蒲原の農家 編】の制作のまとめを続けています。制作支援のカンパも引き続き募集しています。

[詳細]http://life-mag-interview.blogspot.jp/2017/10/life-magvol010_31.html
[受付]http://lifemag.thebase.in/

今日の午前中は次号で掲載予定の絵馬を撮影するため、燕市の粟生津小学校へ行ってきました。2度目の訪問で、前回は手持ちで撮影しましたが、今日は三脚を持っていきました。撮影場所が思ったより暗くて...。

さてさて本題へ。以下は10月24日の「やさいのへや」の様子です。この日のテーマは「柿」で、本誌でも掲載予定の岸本さん、五十嵐さんが担当でした。

生産者の岸本さんから解説

お客さんと生産者さんの近さに自然と会話も

岸本さんは農家になる前は教員でしたが、農作物を育てることと、子どもたちに教えること、そこにはある共通する喜びがあったそうです。本誌で書きましたが、印象的な言葉でした。


この日のお膳

越王おけさ柿のステーキ、柿と生ハムサラダ、にしんの煮しめ、新米コシヒカリ、かけな汁、柿の味噌漬け、柿、柿茶、、、と柿づくしでした。茶碗をぱっと見た五十嵐さんが、「ご飯おかわりしてよ〜!」ともう一杯よそってくれました。お腹いっぱいでしたが、身体と気持ちは軽かったです。


岡村翼くん

この日はいわむろやのインターン生で、シンガーソングライターの岡村翼くんもボーイさんとして手伝っていました。最後は歌の披露も。翼くんには本誌でレシピページの取材・を担当してもらいました。

翼くんの活動はこちら:http://tsubasaokamura.weebly.com/

やさいのへや入口

交差点「岩室」に面した古民家小鍛冶屋が会場

会場の古民家・小鍛冶屋は普段はレストランとして営業しています。
web:http://daidoco.net/kokajiya/
また2階は、ギャラリー室礼として古書や器が販売されています。
web:http://shitsurai.bricole.jp/
やさいのへや当日でなくても、初冬の岩室温泉街をぶらりと歩いてみるのもおすすめです。

やさいのへやは、年内はあと3回。11月14日は「寄居かぶ」。かつて新潟市中央区の寄居地区で栽培されていた在来種の野菜です。11月28日は「越後もちぶた、イチョウ豆」、12月12日は「りゅうのひげ(菊)」です。

申込・詳細はやさいのへや
web:https://yasainoheya.jimdo.com/