2017年10月22日日曜日

成宮アイコ『あなたとわたしのドキュメンタリー』刊行記念トークin北書店

ライブの様子

2017年10月21日19:00〜、北書店で開催された成宮アイコ『あなたとわたしのドキュメンタリー』刊行記念トーク&ライブに参加してきました。

チラシ

1部の「新潟を愛する100の方法」に北書店の佐藤さんと一緒に出させてもらいました。それぞれどんな青春期を過ごしたか、それが本屋/雑誌社へとつながっていった経緯などを話しました。

2部の「ぶっちゃけ生きづらい地方都市」では月乃さん、ちひろさんが自身の〈生きづらさ〉をネタに昇華しながら軽妙なトークを。最後、来場者からの深刻な質問にはアイコちゃんも真摯に応える場面がありました。

最後のminiLIVEの映像を撮ったのでアップしました。



お客さんもまた、鬱病をはじめ様々な〈生きづらさ〉を抱えながらライブに来ているようでした。問題が解決するわけではない、でもどうにか今日もこらえて生きられそうだ、そんな風に心の支えになるトークとライブだったと思います。

会場準備中、「準備を早く終わらせて安心したいよ〜」とこぼすアイコちゃんに対し、佐藤さんは「安心なんてするわけないじゃん。おれもうずっと安心したことないぞ」と(笑)。

アイコちゃんがイベント前に(中にも)「佐藤さんはあんなに無愛想なのに、なぜこれほどいろんな人に愛されるのだろう。悔しい。でも自分もそうなりたいんだと気づいてからは、大好きになった」と言っていました。

イベントを通じてアイコちゃんなりにその答えを持ち帰ったんだと思いますが、今回、わたしはあらためてこんなことを感じました。

イベント後、店内の詩コーナーの棚を眺めていると葛原りょうさんの詩集がささっていました。葛原さんは2015年10月にアイコちゃんとともに北書店でライブをした詩人です。2年後も、そっと本棚に揃えておく。そういうことができるから多くの人を惹き付けるのかなと。

トーク中にも佐藤さんは「北光社時代、郷土本のコーナーも作ってたけど、新潟日報事業社や考古堂などの本を揃えるのはもちろんだけど、それだけじゃなく、有名な作家でも新潟を訪ねて文章を残して本になってることってあるわけじゃん。司馬遼太郎が亀田を訪ねてたりとか。そういうのを集めてきて棚を作ることで求心力が生まれてくると思う」と答えていました。

人と町と本を結んで、その関係をつぶさに拾い集めて作ったのが北書店の棚なのかなと思いました。「今、売れてます!」「今、話題!」の本ももちろん少しは...ありますが。ほか学校町のあの場所にあったコインランドリーで過ごした時間、パンクスだったころの話など、初めて聞くこともありました。

声をかけてくれたアイコちゃん、来場の皆様、ありがとうございました。

いま、八方塞がりで、どうにも生きづらいと思っているあなた。それがもう何年も続いていて、これから何年続くんだよと思っているあなた。この日、壇上にいたアイコちゃん、北書店の佐藤さん、月乃さん、ちひろさん、いかしさん、ライフマグ小林の話(それぞれの経験、思い、失敗)が、すべてを解決する突破口にはならぬとも、また一歩を踏み出すときの足がかりになり、もうすべてを手放したいと思ったときの命綱になればなと願ってます。アイコちゃんはそういう言葉と場所をずっと作り続けているんだよね。わたしはメインストリームにはなれないかもしれませんが、雑誌づくりを通じてカウンターカルチャーを示し続けていきたいと、あらためて思いました。

以下にイベントの日に撮った写真をアップしておきます。

葛原りょう『魂の場所』

開場の様子

開場とともに多くのお客さんが。約40人ほどで店内はぎゅうぎゅうに。

以下はイベント前に寄った場所、周辺を歩いて撮ったものです。

西区寺尾西のにむらや菓子舗で開催されていた「自然への感謝、畏敬」崔石鎬(チェ・ソクホ)展へ。展示会を主催した越前浜在住の美術家・中村文治さんから案内があって。

作品「高野山」

どら焼きを食べながら中村さんとすこし話を

にむらやのイートインコーナーでは中学生くらいの女子二人が和菓子を食べながらお茶をしていた。地元の和菓子屋で茶飲んでだべるのってなんかいいなと思った。女将さんには「あなたどっかで会ったことあるよね!」と言われたが、お互い思い出せず...。

その後、中央区東出来島の二代目アートサロン環で開催されていた霜田文子ボックスアート展のトークへ。霜田さんは取り扱いでお世話になっている柏崎の「游文舎」の運営スタッフのひとり。卵をモチーフに様々なイメージが正方形の木型のなかで作品に。「これだけいろんなイメージをよく形にできますね」と言うと「イメージは溢れてくるのでそれは大変じゃないの」と。

アートサロン環入口

郵便物を出すのに新潟中郵便局へ向かうと古町通りから地鳴りのような歓声が聞こえ、ちらっとのぞくと。

痛車イベントが

17時過ぎ、いったん会場入りして設営をすこし手伝い。まだ時間があったので、町を歩くことに。

写真展フライヤー

西堀前通りの家具店アパートメントで開催されていた写真展「ARTMENT」へ。新潟を代表する若手写真家4人による展示会。4階の会場に足を踏み入れると、DJの音楽、飲食ブース、あまりのシャレオツ空間に「うぁ、おれ場違いだ」と一瞬たじろぐ。それでも恐る恐る会場へ。あたりを見回してもどうやら知り合いはいない。そそくさと帰ろうか...いや、ここで引いてしまうのは違うと、よくわかない開拓者精神を発揮。ジントニックを1杯頼んで、それをゆっくり飲みながら4人の写真をじっくり2周。だめだ、これ以上ゆっくりできない。あと5杯くらい飲めば、もすこし陽気になって誰かと話せるかもしれないと思ったが、そんな勇気もない。いや、そもそもイベント出演前だ。1杯目のジントニックを飲み干して、退散。あとでフライヤーをみたらたまたまオープニングレセプションの時間だったようだ。

いずみ湯

まだ少し時間があったので本町通の鳥の歌でなにか食べようかと行ってみるもシャッターが下りていた。6月のトーク時に寄ろうと思ったいずみ湯は開いていた。おばあさんが一人、若者が二人入っていった。

白山神社

イベントの盛況を祈って白山神社で参拝。

市役所前バス亭

市役所脇を通ると阿賀町行きのバスが出ているのを知る。こんなに温泉あるのか。飛鳥で飯をと思ったがここも開いてなかった。北書店からすぐのセーブオンで軽食でも買うかと思って向かうもなぜかレジに7人くらい並んでいた。店員は1人。やめた。ほどよく歩き疲れて会場へ、イベントに参加した。

2017年10月19日木曜日

坂口安吾生誕111年祭「戦争と一人の女」公演

「戦争と一人の女」新潟公演ゲネプロ1

「戦争と一人の女」新潟公演ゲネプロ2


戦争は、いまも、あなたの目の前でおこっている。

それを見ないようにしているのもあなた。

しゃぶっているのもあなた。

そう問いかけられているように感じた。

明日20日から22日にかけて行われる演劇「戦争と一人の女」のゲネプロを見てきた。坂口安吾の原作を上田晃之監督が構成・演出する。

戦争末期、男は昔女郎をしていた不感症の酒場のマダムと同棲をはじめる。女は淫奔(いんぽん)な性格で浮気をせずにはいられない。それでも惹き付け合う2人は、どうせ戦争で破滅するのだからと、戦争をおもちゃに肉欲的な生活を送る、という話である。

「一人の女」を4人の女優が演じ、様々な人格が交差し、頽廃と混沌が続く。そして、空襲の下、死にたいとの思いと、生きたいとの思いがぶつかり錯乱状態へ。その果てでも、、、「生きる」とは...。

上田さんは「登場する『戦争と一人の女』はどこにでもいる。果たして現在の日本では戦争は起こっていないと言えるのだろうか。外国での戦争、紛争、テロ、貧困をどのような距離感でとらえればいいのか。そんな問いかけになればと思う」と話した。

主催である坂口安吾生誕祭実行委員長の齋藤正行さんにはLife-mag.【シネ・ウインド 編】で取材した。齋藤さんが映画館をはじめるきっかけも安吾だ。

齋藤さんは今日も朝から関係者との調整、宣伝のためりゅーとぴあに張り付いていたそう。「危機の時代に安吾が甦るって言われてきたじゃない。違うんて。安吾は常におれたちのそばにいたんだわ。今回の公演でそのことに気づかされた」と語った。

本公演の世話人を務める小川弘幸さんは「敗戦から1年後に発表された作品だけど、安吾がいかに今を捉えているかがわかる。90分の公演のうち原作に基づいた前半と、現代に置き換えて構成された後半を楽しんでもらえたら。あとは新潟出身の女優・桐生桜来さんにも注目を」と語った。

ちょうど今は衆議院議員選挙の期間中である。公演の楽日は投開票日でもある。

選挙戦もある意味では「戦争」だろう。バカ正直に戦って散る者もいれば、〈大衆〉を欺き生き残る者もいるのかもしれない。

しかし、戦っているのは候補者同士だけでない。どうせ社会は変わらないと背後から手を伸ばすニヒリズムと、わたしたち有権者は戦っているのではないだろうか。

社会はリセットボタンでは変えられない。限られた資源を有効に組み合わせ、漸進的に、1mmでもよりよい方向へと手を打つ、足を踏み出す、その一歩でしか変えられないと思う。

そういう意味では戦争末期のこの週末、本公演はあなたに鋭い問いを投げかけることになるだろう。

ぜひお出かけください。

公演チラシ

戦争一人

日 時:2017年10月20日(金)~22日(日)
会 場:新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオB

①20日(金)14:00~(開場:13:30)
②20日(金)19:00~(開場:18:30)満席!
③21日(土)11:00~(開場:10:30)
④21日(土)17:00~(開場:16:30)
⑤22日(日)14:00~(開場:13:30)

詳 細:http://ango.cinewind.com/

注・10/20の19:00からは満席!

2017年10月6日金曜日

Life-mag.vol.010【西蒲原の農家編】広告募集と制作支援カンパのお願い

協賛広告/制作支援カンパのお願い

『Life-mag.vol.010【西蒲原の農家 編】』のほぼすべての原稿が揃ってきました。あとは補足の記事と寄稿してもらった原稿誌面の構成、表紙、編集後記などを仕上げていって発刊となります。2008年の創刊から10年にしてようやく、10号目の発刊がこの坂を登りきった先にうっすら見えてきました。

次号は、本誌と2つの付録を予定しています。西蒲原の農家さんを取材した本誌は、B5版で約60ページ。付録1は、A2版の西蒲原の地図。付録2は編集人の小林が、新潟日報「おとなプラス」に寄稿した記事8本を再構成した冊子で、A5版で36ページです。

前号の128ページはやり過ぎたなと思ってましたが、結局、総ページ数では100ページほどになりそうです...。

最後になりましたが、協賛広告、制作支援カンパのお願いです。弊誌の活動に賛同いただける方からの、ご支援、ご協力を心からお待ちしております。何卒よろしくお願い申し上げます。

以下、詳細です。

制作支援カンパ

一口:10,000

・発刊後、最新号2部お送りいたします。(送料込)
・巻末の支援者リストにお名前を掲載します。(匿名可)
・法人、個人事業主の方への領収書も発行できますので、その旨お知らせください。

受付は【コチラ


協賛広告・A

広告費:15,000

サイズ:ヨコ91mm × タテ55mm(名刺サイズ)

・誌面にて広告枠をご用意させていただきます。
・会社、お店、イベント、作品などの広告にお使いください。
・広告主さまのお知り合いの方の広告でもかまいません。
・文章、写真データをメールでいただき、2〜3回ほどのやり取りにて、広告枠を制作させていただきます。デザイン、イラストなど凝ったものではありませんので、どうかご了承ください。
・広告主さまの方で制作いただいてもかまいません。
・法人、個人事業主の方への領収書も発行できますので、その旨お知らせください。

受付は【コチラ


協賛広告・B

広告費:30,000

サイズ:ヨコ91mm × タテ137mm(1ページの約1/4|約名刺2枚分強)

・誌面にて広告枠をご用意させていただきます。
・会社、お店、イベント、作品などの広告にお使いください。
・広告主さまのお知り合いの方の広告でもかまいません。
・文章、写真データをメールでいただき、2〜3回ほどのやり取りにて、広告枠を制作させていただきます。デザイン、イラストなど凝ったものではありませんので、どうかご了承ください。
・広告主さまの方で制作いただいてもかまいません。
・法人、個人事業主の方への領収書も発行できますので、その旨お知らせください。

受付は【コチラ


協賛広告・C

広告費:50,000

サイズ:ヨコ150mm × タテ115mm(1ページの半分|約B6サイズ弱)

・誌面にて広告枠をご用意させていただきます。
・会社、お店、イベント、作品などの広告にお使いください。
・広告主さまのお知り合いの方の広告でもかまいません。
・文章、写真データをメールでいただき、2〜3回ほどのやり取りにて、広告枠を制作させていただきます。デザイン、イラストなど凝ったものではありませんので、どうかご了承ください。
・広告主さまの方で制作いただいてもかまいません。
・法人、個人事業主の方への領収書も発行できますので、その旨お知らせください。

受付は【コチラ


協賛広告・特

広告費:200,000

サイズ:ヨコ182mm × タテ257mm(裏表紙一面)

・誌面にて広告枠をご用意させていただきます。
・会社、お店、イベント、作品などの広告にお使いください。
・広告主さまのお知り合いの方の広告でもかまいません。
・文章、写真データをメールでいただき、2〜3回ほどのやり取りにて、広告枠を制作させていただきます。相談の上、弊社で制作するか、外部デザイナーに委託して制作させていただきます。
・広告主さまの方で制作いただいてもかまいません。
・法人、個人事業主の方への領収書も発行できますので、その旨お知らせください。

受付は【コチラ


決済はライフマグ通販サイトとして、普段使用しているBASEにて受付ています。クレジットカード(VISA、MASTER)、コンビニ決済(Pay-easy)、銀行振込み決済で、受付可能です。

「ネットが苦手だ。他のカード会社を使ってる。電話か本人に来てもらいたい。」という方はこちらからお問い合わせください。

[連絡先]ライフマグ・小林
[電 話]090-7421-3739 
[メール]niigata@life-mag.com 

協賛、支援いただきましたお金は次号印刷代金の一部として充てさせていただきます。10月末日までを目安に募集させていただけたらと思います。

取材先や内容については、ブログ、フェイスブックツイッターにて一部、公開してきましたが、再度、当ブログ、SNSでも紹介していけたらと思います。11月下旬の印刷仕上がり、その後、県内外の取扱店さまに納品に駆け回ります。

長く地域で読み継がれる雑誌となればと思い、現在、まとめの制作段階に入っています。協賛広告、制作支援のお願いとして、まずは最初の案内でした。ご支援、ご協力のほど、かさねてお願い申し上げます。